2017年9月11日月曜日

JKJO関西地区代表決定戦、正道会館オールジャパン

この日は2大会がかぶりました。まずはJKJO関西選抜に4名の拳士が挑みました。JKJOルールは非常に難しい大会、セコンド禁止、アドバイス禁止、また胸あわせ、頭合わせもかなり厳しく注意をされます。4名の拳士はそんなルールをわかっているだけに積極的な攻めができませんでした。特にリアルチャンピオンのエイトださえかなり苦戦しながら決勝。決勝も慎重に攻めてしまい延長では相手選手の手数に負け判定負けでした。それでも本人にとっては闇雲に戦う空手より考える空手ができたので良い経験はできたはずです。このルールは強ければよいというものではありません。この負けを今後のプラスになるでしょう。ジュアンは決勝でワンマッチ、相手選手の攻めに耐え切れず後退してしまい、相手選手は手を緩めず判定へ、結果判定負けでしたが相手選手との自分自身の差にしっかり認識して次の大会でさらに強くなってもらいたいと思います。テンセイはここ最近は勝ち星から遠ざかっており本人も不安な気持ちで挑んだはず、しかしこの日は調子がいい、というよりかはJKJOルールが合っているのかどんどん勝っていき決勝へ。決勝はやや攻め込まれましたがミドルキックや足技のポイントで判定勝ち、見事優勝、代表権を獲得しました。ユウセイも今までよりやや慎重な立ち上がりでしたがJKJOルールには合わない効かす空手で勝ち上がり決勝でも圧倒的に勝つことができました。ユウセイも優勝、代表権を獲得しました。
JKJO大会が午後に終わりましたのですぐに大阪府立体育会館へ向かいました。ここではクウトが単身参戦。決勝まで上がりましたが正援塾の選手に敗れ準優勝でした。この大会は他の大会の日程とほぼかぶっておりましたので参戦人数が少なかったですが来年は大人数で参戦したいと思います。
選手の皆さん、保護者の方々お疲れさまでした。また両大会主催者様、スタッフの皆様ありがとうございました。

























0 件のコメント:

コメントを投稿