2017年3月19日日曜日

3月19日格闘イベントレジェンド最終章

この日は1年での最高イベントレジェンド最終章のジュニアプロ空手に拳実会から6名の拳士が参戦しました。このレジェンドのエピソードですが私がレジェンドの存在を知ったのは実は5年前、私が空手界をさまよっている中新しい風がすでに吹いておりすごいスピードで時代が変わっておりました。まだ拳実会を立ち上げて間もない時に私の周りの各団体の先生方が私を助けて下さいました。その一人が宮野道場の宮野代表、私が空手塾時代から世界を視野に挑んでおりました。そんな人からレジェンドを見に来ないかとお誘いを受けました。私の道場ではレジェンドの舞台で立たせるレベルの稽古生はおらず、ただ一観戦者として見に行きました。ジュニア、一般部と2部門に分かれておりましたが凄く華やかなイベント、誰でも昔は思ったことがあると思いますが、強くなりたい、リングの上で戦いたい等夢を描いた人も多いと思います。私の現役時代はそんな風潮も感じられずすごくK-1などにも憧れました。今まさにそんな夢を実現できる舞台が目の前にありました。この時は私はもう40歳手前、私がこの舞台を目指すのは無理でしたが私の夢、想いを引き継いでるくれる子ども達に託そう、何としても子ども達をこの舞台に立たせてあげたいという強い気持ちにかられました。正直何年かかるか不安でしたが3年前にようやくレジェンド第8章に2名を出す事ができました。そしてこの日は6名が私に夢をかなえてくれました。まず勝ち負けよりこの舞台に立つ事を誇りに思ってほしいです。そして少なくとも人生の語り草になってくれればそれだけで私のやってきた事が報われます。このレジェンド最終章は本当に私自身、今回で最後になり子ども達への役目を終え節目になりました。今回でレジェンドが最後になるのが名残惜しいですが宮野代表の稼働を考えるとリアルチャンピオンシップで走り回っておれる姿を知っているだけに10年お疲れ様でした、と感謝と今後のエールを送り、また私ができる限りのバックアップをし宮野代表を応援していきたいと思います。今回選手として参加した道場生、お疲れ様でした。保護者様、応援にきて頂いた道場生、保護者様ありがとうございました。






















0 件のコメント:

コメントを投稿